株式会社KAGO食スポーツ

MENU
CLOSEX
  • スポーツ栄養とは?
  • 事業内容
  • 会社概要
  • 活動報告
  • よくあるご質問
  • お問合せ
活動報告活動報告
活動報告/PDFダウンロード
TOP > 活動報告 > お知らせの記録一覧

成長期アスリートの問題解決に役立つ検査キット

成長期アスリート新常識

 


 

 

2

 

こういった状態が続くと、栄養不足または過多が起こってしまい、スポーツパフォーマンスだけでなく、成長や将来の健康にも影響する問題が生じてしまうかもしれません。

 

 

 


 

4

 

 

5

 

 

もし、このようなお悩みがあるのであれば今からお伝えすることはきっとあなたの役に立つはずです。

 

なぜなら、今からお伝えするのは『あなたが子どもの成長のためにできることがわかる』ための方法だからです。

 

この方法を知ることで、今の悩みの原因を知ることにつながり、解消するためにどうすればいいか対策を知ることもできるようになります。

 

なので、もし子どもの成長や健康のことであなたが不安を感じているのなら、今からお伝えする内容をしっかりとご覧ください。

 

今の食事で本当にいいのかしら?」「食事量は足りているの?」「スポーツ頑張ってほしいけれど私には何ができるか?」子どもに成長してほしいスポーツをがんばってほしいという思いに合わせて、様々なご心配があるかもしれません。

 

当サービスを利用することで、子どもの「今の身体の状態を見える化」することができ、予防や対策をしながら安心して子どもの成長を見守り、支えることができるようになります。

 

3

 


 

 

こんにちは、私はKAGO食スポーツ・代表の長島と申します。
管理栄養士/公認スポーツ栄養士の資格を有しており、普段は国立大学法人鹿屋体育大学で「スポーツ栄養学」を教えています。

 

大学で教育研究や大学生アスリートを中心に栄養面、体調面での課題解決に向けて取り組んできましたが、その中で直面してきた食の問題としてエネルギー・栄養素不足がありました。その結果、長期の休養やリハビリ、最悪の場合は引退を強いられる状態になる選手を多くみてきました。
しかし、この問題は実は大学に入ってきてからの問題ではなく、もっと早い段階から蓄積された食習慣や生活習慣によるものが大きいのではないか。と感じることも増えてきました。

 

 そこで、成長期のアスリートの健全な発育発達、その先にパフォーマンスの向上のための食・栄養面のサポートをするために「KAGO食スポーツ」を立ち上げました。

 

 

 

 


 

“しっかり食べる”とは、

1日3食(+α)バランスよく食べること

 

しかし、次のような悩みを多くお聞きします。。。

 

 

8-2

 

こういった状況の中で、日々練習・トレーニングに励んでいると生じやすい健康問題があります。それが貧血です。
アスリートにおきる貧血=「スポーツ貧血」はパフォーマンスに影響する状態であり、特に持久系や走る・跳ぶ競技において多くみられます。

 

 

 

 


 

 

「貧血」は血液中の赤血球濃度またはヘモグロビン濃度が低下した状態で、酸素を全身に運ぶはたらきが低下することで起こります。

 

d0ddc9b9138c5faffc6e59f808b2ee24_s

 

5

このような症状が貧血によって引き起こされる可能性があります。あなたの子どもにはあてはまりませんか?
特に、「疲れやすい、後半必ずバテる」「集中力が続かない」は競技パフォーマンスに影響するため、子どものがんばるを応援したい!というのであればなおさら、貧血にならないようにすること=予防が重要です!
そして、貧血の原因の多くは食の影響によることによるため、特に成長期にはあなたのサポートが必要不可欠!なります。

 

 

〈スポーツ貧血の原因〉

 

10

 

1.2.のような栄養素が不足している場合にはそれを補うための食事対策をすること重要になります。

 

しかし、3.4.が原因の場合、根本的な食事その他習慣を見直す必要があります。

 

 


 

 

ここで、IOC(国際オリンピック委員会)から提唱されている問題を紹介します。[下図参照]

真ん中の「相対的エネルギー不足」とは、運動・トレーニングに見合った食事を摂取できていない状況であり、生理的に利用可能なエネルギー量が不足している状態のことで、様々な生理機能に影響するとされています。

RED- s(IOC声明,British Journal of Sports medecine 2014)

 

具体的な問題をあげると、女子においては「女性アスリートの三主徴(Female Athlete Triad:FAT)」と言われる無月経骨粗鬆症が、その他男子においても言えることとしては 、成長・発達心理免疫代謝など、あらゆるところで悪影響が引き起こされ、パフォーマンスへの影響だけでなく、将来の健康への影響も問題視されます。

 

 

 


 

 

パフォーマンスへの影響、将来の健康への影響が出ないように、予防するためのポイントは早期発見・早期対策です。
今悩みがあるのであれば、いずれ負の影響が出る可能性があります。「じゃあ今の子どもはどういう状態なの?」「今できることは何があるの?

 

そう思ったあなた。

 

ここで注目したいのは血液です!
 エネルギー・栄養素の不足を見つける入口は「貧血チェック」なのです。

 

 

★貧血の状態は血液検査でわかります。
貧血原因も血液検査でわかります。
★何が不足しているか?で食事の対策がわかります。

 


 

私の在籍する鹿屋体育大学には健康管理センターがあり、医者と看護師が常駐しているためいつでも血液検査が実施できます。また、入学時には全員必ず血液検査を実施しています。

 

d37ab738aac2ab2b204601cf1fb4a65c_s

 

アスリートにおける血液検査(メディカルチェック)は
・日本代表選考に選ばれる選手
・プロ・実業団に入団する選手
・一部の大学
において実施されており、貧血の状態は発見することができます。
では、それ以外のカテゴリー(特に成長期の中高生)ではどうかというと…血液検査を実施しているチームや選手は多くいません。 病気で病院にかからない限りは血液検査自体を行うこともほぼありません。

 

つまり、問題が起こっていても発見する機会がないのが成長期なのです。
さらに、成長期は貧血にはなりやすい時期ヘモグロビンの材料である「鉄の需要が高まっている時」なのです。

 

〈鉄の需要が高まっている時〉
鉄需要高まる

 

 


 

成長期とは、まさしく“今”!!

 

まずは今の身体の状態をチェックし、問題が起こっていないか?その影響がないか?を確認してみましょう

これまでKAGO食スポーツで「アスリート健診」を実施した選手のうち、6が鉄不足(貯蔵鉄:フェリチン基準値以下)という結果もあります。

 

 

過去の事例として、
「これまで動けないのは自分の努力不足だと思っていた」
「筋肉がつかないのは食事の不足だったと分かった」
「だるさや脚に力が入らない感覚が実はあった」
というように、潜在的に感じていることが結果を見たときに自覚に変わるということも多くあります。

 

その結果、

 

何が足りていないかを考えるようになった」
「食事を意識するようになった」
「(親子で)食について会話をするようになった」
以前に比べて動けるようになった」
と意識や行動に変化が生まれています。

 

 


 

ここまでの話の中で「よし、血液検査を一度受けてみよう!」と思っていただけたでしょうか?
しかし、「じゃあ血液検査を受けに病院に行ってみよう」となったときに、それを妨げる問題が生じることがでてきました。

 

22

 

こうした声が現場(保護者や指導者)から上がってきたのです。

 

 

 


 

 

★自宅でいつでも手軽に血液検査

 

16

 

★アスリートに必要な9項目を選定

 

17
アスリート健診キット
1回 4,800(税抜)

 

キットパッケージデザイン2-1-300x214

 

初回のみ遠心分離機[1個1,400円(税抜)]の購入が必要です。
※決済手数料、送料は別途かかります。
※まとめて複数個をご購入の場合は、一部割引あり

 

 

 


 

 コスパで比較! 
ここでちょっと高いな…」と思った方、少し考えてみて欲しいのです。
★時間・場所がストレスなし!
 決して高い金額ではないのではないでしょうか?

 

18

(遠隔診療サービス)
※別途、面談費用はかかります
日々、成長する身体と変化する血液

 

19-1
定期的に”今”の身体の状態を確認することをオススメします

 

まずは1度チェックしてみませんか?

 

↓ ↓ ↓

 

ご購入方法

23-1

 

・初回の方は遠心分離機のセットをご購入ください(採血後に必要です)
 キット(個数)+遠心分離機

 

・ご購入後に返信メールが届きます

 

・お支払い手続きの確認が取れ次第商品を発送します
ショップからのご購入は基本的に個人利用の方専用となっております。

 

 チームや複数名分をご購入希望の方は下記よりお申し込みください。
 メールにて別途でご連絡差し上げます。  

 

 

 

 

 


 

24

 

 


 

気になることがございましたらお問合せください。