株式会社KAGO食スポーツ

MENU
CLOSEX
  • スポーツ栄養とは?
  • 事業内容
  • 会社概要
  • 活動報告
  • セミナー情報
  • よくあるご質問
  • お問合せ
活動報告活動報告
活動報告/PDFダウンロード
TOP > 活動報告 > セミナー情報の記録一覧

スポーツ栄養セミナーのご案内/第16弾 エネルギー不足

スポーツ栄養を学ぼう!第16弾

テーマは「エネルギーアベイラビリティとアスリートのエネルギー不足」

 

 

エネルギーアベイラビリティーの考え方を現場に活かすには⁉️

 

一般的な栄養管理・指導では、「エネルギーバランス」の概念が使用されます。

 

「体重が増減しない」という状況は

「エネルギー消費量=摂取エネルギー量」であり、

エネルギー必要量を満たしていると判断します。

 

 

しかし、

長期的にエネルギー不足が起きると

「体重の変化」では判断できない状態に陥る事も・・・!

 

これが、

“対象が一般でもアスリートでも、エネルギーバランスの基本的な考え方は同じでしょ。”

と思っている人が、はまってしまう落とし穴です。

 

 

そこで、

スポーツ栄養ではどのような視点でエネルギー状態を考えて行けば選手の問題があぶりだされるのか!?

について、徹底解説していきます。

 

今回のテーマである「エネルギーアベイラビリティー」は、

アスリートのエネルギー状態を考える上で基本となり、

栄養計画全体にも影響してくるものなので、

まずは栄養士やサポートスタッフがしっかり理解していきましょう。

 

 

【タイトル】

アスリートのエネルギー不足問題 解決のカギ!?
“エネルギーアベイラビリティー”を徹底解説!

 

<当日の内容>

1.アスリートのエネルギー不足とは?

2.エネルギーアベイラビリティーのコンセプト

3.エネルギーアベイラビリティーの意義

4.エネルギーアベイラビリティーの考え方を現場に生かす

 

 

【講師】

月岡 美由紀氏

管理栄養士/IOC Diploma in Sports Nutrition取得

 

 

【日程】

① 2月12日(金)20:00~21:00

お申込みはコチラ

 

② 2月14日(日)14:00~15:00

お申込みはコチラ

 

--------------------

<講師紹介>

 

高校時代に野球好きが高じて栄養士を志し、2008年に栄養士免許取得後、スポーツチーム寮、保育所での実務経験を経て、2011年に管理栄養士免許を取得。ボランティアでスポーツ栄養活動を行いながら、病院・保健センター等で栄養指導・栄養教育の経験を積む。

 

スポーツ栄養を本格的に学べる場所を探す中、国際オリンピック委員会のスポーツ栄養コースの存在を知り、まずは英語力を鍛えに、2015年から一年間オーストラリアへ。帰国後、2017年に念願の国際オリンピック委員会のスポーツ栄養コース受講を開始。日進月歩するスポーツ栄養の研究に基づいたスポーツ栄養の基礎・実践と、この勉強に終わりはなく、スポーツ栄養に関わる限り、文献を探して読み続けることの必要性を学ぶ。二年間のオンラインコースを無事に終了し、2019年4月にIOC Diploma in Sports Nutrition取得。勉強したことを世の中へ生かすため、5月より「スポーツ栄養相談所 コモコメ」に着手する。

 

これまでに、野球、ボート、競艇、水泳など幅広いアスリートをサポート。

 

国際的なスポーツ栄養コースで勉強したことを生かし、日本のスポーツ栄養にもっと最新のエビデンスが広がるよう、Facebookグループ「スポーツ栄養士の図書館」及び有料オンラインコミュニティ「スポーツ栄養LOUNGE」を運営中。