株式会社KAGO食スポーツ

MENU
CLOSEX
  • スポーツ栄養とは?
  • 事業内容
  • 会社概要
  • 活動報告
  • よくあるご質問
  • お問合せ
活動報告活動報告
活動報告/PDFダウンロード
TOP > 活動報告 > セミナー案内の記録一覧

スポーツ栄養セミナーのご案内/第11弾 鉄欠乏の影響

スポーツ栄養を学ぼう!第11弾 テーマは「鉄欠乏」

 

貧血→パフォーマンスの低下

 

は思い浮かばれるかもしれません。

 

 

しかし、まだ貧血に至っていない「鉄欠乏の状態」であっても身体に様々な影響を及ぼします。

 

 

KAGO食スポーツでは「アスリートのエネルギー不足を把握するのは難しいため、貧血に着目し、アスリートの鉄不足を早期発見し、対処しよう!」と日々活動を行ってきました。

 

 

これまでの弊社の調査では

 

アスリートの貧血は、

男子選手が約20%/女子選手が30%

 

 

鉄欠乏は、

男女ともに約50%

 

 

貧血は、“持久的なパフォーマンスに影響する”と考えている方が大半ですが、

鉄欠乏は、パフォーマンス以外にも“骨づくり、ホルモンなど様々なところに関連”します。

 

ヒトの身体って巧妙に
続きを読む続きを読む

女性の貧血対策栄養セミナーのお知らせ

「なんとなく体調が悪い」ことありませんか?

 

疲れやすい

ダルい

やる気が出ない

朝起きれない

寝ても寝ても眠い

 

こうした症状は、歳のせいでもなく、更年期症状でもなく、産後うつでもなく、もしかすると貧血が原因かもしれません。

 

 

先日、血液内科(貧血外来)の先生に女性の患者様の事例を伺いました。

 

●健診でヘモグロビンが低いと言われた

・・・結果は貧血。

 

●まだまだ元気なはずなのに、、元気が出ない(歳のせいだろうか。)

・・・結果は鉄不足。

 

●体調不良があるのだけどどこに行っても検査が正常範囲で

・・・結果は貧血。鉄・ビタミン欠乏だった

 

 

病院を受診していますので、患者様自身にどうにもできない症状が現れたか、健診で数値的に問題があると指摘されたことがきっかけとなるようです。

 

 

続きを読む続きを読む

アスリート貧血対策栄養セミナーのお知らせ

アスリート貧血対策栄養セミナー【鉄がとれる惣菜付き】

 

がんばっても成績が伸びない

後半ついていけない

疲れやすい

頭痛

朝起きれない

 

これらの症状がありませんか?

 

 

アスリートは日々パフォーマンスをあげようとトレーニングに励み、努力をしているので、ついつい

 

「自分の努力不足だ」

 

と捉えてしまいがちですが、実は貧血が原因かもしれません。

 

 

また、女子選手や陸上長距離選手に多いという情報は見るようになりましたが、実はバスケットボールやサッカーなどの球技系にも多く見られます。

(KAGO食スポーツ、アスリート健診実績より)

 

 

特にジュニアアスリートをみていますが、その3割が貧血、3~5割が鉄不足という状況があります。

 

 

この背景には食事からの摂取量が明らかに少ない、足りていないことが原因であることがほとんどです。

続きを読む続きを読む

スポーツ栄養セミナーのご案内/第10弾 文献を読む力をつけよう

スポーツ栄養を学ぼう!第10弾
テーマは「文献を読む」

コロナの影響により、今年の春以降オンラインセミナーが主流になり、移動なしでのセミナー参加が日常になりつつあります。

 

世界的なカンファレンスもオンラインで受講可能となり、世界的に著名な専門家の方々のお話を自宅で受講できることがとてもありがたく、これを機にこの流れは続けてほしいなと願っている今日この頃です。

 

その一方で、世界の状況を知ると「世界と日本との差」も明確に感じます。

 

例えば、

・栄養士の「価値」が違う

・選手への取り組みや助言が全て「エビデンスベース」である事

 

私なりに分析すると、

エビデンスベースである事が栄養士の質向上につながり、だから栄養士の価値が高いのではないか。

 

 

サポートに必要なことは「経験値」?「エビデンス」?

 

栄養士に限らず、スポーツ現場は「経験値」で話をされる場が多い印象です。

 

もちろん、特にトップアスリートや特殊な競技等の場合

続きを読む続きを読む

スポーツ栄養セミナーのご案内/第9弾 胃腸を鍛えることは可能!?

スポーツ栄養を学ぼう!第9弾

 

テーマ「胃腸を鍛える」

 

本格的に暑くなる時期に備え、先月の水分補給に続き、今回は暑さを乗り越えるための食事戦略について。

 

暑さで食欲がなくなることは、アスリートでなくても経験することはありますよね?

 

そんな時、食の専門家である栄養士は“食欲増進のためのメニュー”や“消化に良いメニュー”などを提案するのが常ではないでしょうか??

 

今回のテーマはそこからもう一歩進んで、

 

「胃腸を鍛える」

 

ことに焦点を当てます。

 

 

【タイトル】

 

「暑さ対策第2弾!胃腸を鍛えることは可能!?」

 

セミナー後半にはディスカッションの時間を設定しています。

 

参加者の皆様がそれぞれの立場で今回のテーマについて思う事、日頃感じていることなどを共有する時間です。

 

なお、ディスカッションの時間は、カメラをオンにした状態でのご参加いた

続きを読む続きを読む